石澤と横井

on

新陳代謝が滞ってしまうと、色々な肌のエイジング現象やトラブルが出現します。ほうれい線などのしわ・目立つシミ・顔色の冴えないくすみ・くま・弛み・吹き出物・肌荒れ・乾燥など、まだまだ言い出したらキリがないくらい大変です。
美容外科というのは、いわゆる外科学のジャンルで、医療に主軸を据えている形成外科(plastic and reconstructive surgery、plastic…形を作る、reconstructive…復元する)とは異なっている。また、整形外科学とも間違われることがよくあるがこれはまったく分野違いである。
正常なお肌のターンオーバー(新陳代謝)は4週間周期になっており、常時新しい細胞が生まれ、日々刻々と剥落し続けています。これらの「毎日の生まれ変わり」によって人の肌は若々しさを保持し続けています。
どこにも問題のない健康な身体にも起こる浮腫だが、これは自然なこと。ことさら女性は、脚のふくらはぎのむくみを防ごうとしているが、ヒトならば、下半身が浮腫むということは一般的な状態だ。
思春期ではないのに発症する、治りにくい“大人ニキビ”の患者さんが多くなっているようだ。10年以上しつこい大人のニキビに困っている方々が皮膚科のクリニックに救いを求めてやってくる。
何にせよ乾燥肌が生活や身辺の環境に大きく起因しているのであれば、毎日のちょっとした身辺の慣習に注意さえすればほぼ全てのお肌の問題は解決するのです。
メイクアップの利点:外観が向上する。メイクも礼儀のひとつ。実際の年齢より年上に写る(10代から20代前半限定の話)。自分の印象を気分で変えることが可能。
最近再注目されるようになった頭皮ケアは別称スカルプケア(scalp care)とも呼ばれます。スカルプはヘアの困り事である「抜け毛」「うす毛」などに非常に深く関係していると供に、顔のたるみにも悪影響を及ぼすのです。
よく美容誌でまるでリンパの滞留の代名詞のように表現される「浮腫」には大きく2種類に分けて、体に病気が潜伏しているむくみと、健康体にも発生する浮腫があるとのことだ。
アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん)を塗り薬の力だけで完治させようというのには無謀な事です。生活環境や趣味など暮らし全体の在り方まで把握するような治療が必要だといえます。
美白(ホワイトニング)という美容法は2000年より少し前に美容研究家で化粧品会社創業者の鈴木その子が火付け役となって流行したのは記憶に新しいが、それより前からメラニン色素が原因のトラブル対策のキーワードとして使用されていた。
美容外科(Plastic Surgery)が損壊などのない健康な身体に外科的施術をする美意識重視の医療行為であるのに、やはり安全性の確立がなっていなかったことが一つの大きな元凶だと言われているのだ。
アトピー性皮膚炎とは、アレルギー症状と繋がっている事の中で特に皮ふの慢性的な炎症(発赤・掻痒感など)が現れるもので要するに皮膚過敏症のひとつなのだ。
それぞれ患者さんによってお肌の質は異なりますし、先天的な要素によるドライ肌なのか、後天的なドライスキンなのかというタイプによって対応の内容が変わりますので、意外と配慮を要します。
よく聞くピーリングとは、古くなってしまった不要な角質をピール(peel:はぎ取るという意味)することにより、新しくてキメの整った角質に入れ替え、ターンオーバーを28日周期に近付けようとする分かりやすい美容法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です